« 新製品 | トップページ | 中古車 »

2008/05/06

タンクの加工

ゴールデンウィークも今日が最終日。

ツーリングに出かけた方も多いと思います。

ここ、浜松でも街中は祭りムードです。

中心部からちょっと離れればツーリングに向かうような数台で走っているバイクも多く見かけました。

近くにある天竜川のオフロードコースも賑わっていました。 

 

 

 

で。

 

 

本題のタンク加工。

タンクを取り付けるためにステーを溶接。

 

このタンクはノーマルでは後方をシートで挟み込んで取り付けされていたものなのでステーが一切ありません。

今回は専用サブフレームを作ってそこにボルト止め(防振ラバーつき)するためにステーを製作して溶接しました。

 

Fuel0  

 

そして前方はタンク自体にラバーをつけてはめ込む形状なので、フレーム側にラバーを受けるステーを作ります。

 

Fuel  

ステーに半円状の部品を溶接。

 

そしてこの出来たステーをフレームにボルト止めしようと思います。

 

 

 

タンクの加工はステーの取り付けのみです。

これでタンク取り付けのボルトの位置も決まったのでサブフレームの製作に入ります。

 

さっそく図面をかいて発注しました。

 

それが出来てくればこの郵政カブもかなり完成の形が見えてきます。

 

そろそろ車体色も決めないと・・・・・・

 

 

 

当店のHPはこちら   ScrapStar 

 

スーパーカブでのレストア&カスタム編はこちらから

 

|

« 新製品 | トップページ | 中古車 »